学費にまつわること

昨今においては、アルバイトなどで自分で学費を稼ぎ、勉学に励むという学生も多く、話題を集めている。
一般的にいえば、子供の授業料については、親が負担するというのが主流であるが、親の経済的な事情により、子供自身が自ら用意するというケースもあるのだ。
いわゆるリーマンショック以降においては、企業の倒産や人員整理などが相次ぎ、離職や退職などを余儀なくされるということが多くみられた。
世帯主がそのような事態に見舞われることにより、子供の教育資金に充てることができる資金的な余裕がなくなり、子供が自らの力で学費を稼ぐということになるのである。
このような事態については、決して否定的な意見ばかりが多いわけではない。
自らの手で稼いだお金で、勉学に励むことによって、より充実した、学生生活を送ることができるのではないかというポジティブな考え方も多くある。
とかく、親が学費を出すことにより、そのありがたさを忘れてしまい、勉学にも集中することができないのではないかという指摘があるのも事実だ。
また、勉強しながらアルバイトなどをすることにより、社会との接点を持つことに意味があるという声もある。
アルバイトといえども、組織の一員として、業種業態は問わずとも、その責任を果たすことが求められる。
学校卒業後には、殆どの学生が就職することになるので、その時に向けてのいい社会勉強になるというのだ。
仕事を通して、社会人として必要なマナーを身に付けるためにも、大学生のうちにバイトは経験しておいた方が良いだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です