海外留学費用を安くするためにできること

これからは英語力がなければ大きな仕事ができない時代になると予想されている。
そのため、多くの家庭では幼少期から英語を学ばせているのが現状だ。
まだ若いなら時間がたっぷりあるので、日本から出ることなく英語能力をアップさせていくこともできるだろう。
しかし、もう大人になっているのであれば、時間もないので海外留学をして一気に語学力を目標水準まで上げる他ない。
ゆっくりしていたのでは、就職活動の時期にも間に合わないからだ。
海外留学費用については、行き先によって大きく変わることは常識である。
費用が高くつくのは先進国で、新興国あたりなら数割安い値段で滞在することができる。
最も安い水準にあるのが、日本からも比較的近い場所にあるフィリピンだ。
フィリピンは英語が公用語になっているために、多くの人が英語話者で、滞在しているだけで自然に英語を話すことになるうえ、先生の数も充実している。
物価が安い新興国であって、月々十万もあれば授業料と生活費の両方をまかなうことが可能なのも特徴的だ。
他の地域に比べると半額以下で留学できるケースも見受けられるので、お金がない若い人にはオススメなのだ。
また、日本人専門の学校が現地にはあるので、留学初心者にも悪くはない選択となる。
問題は治安だが、セブ島あたりは完全に観光地化しているので、比較的安全度は高い。
学校にはガードマンがついていたり、敷地内には現地の人が入れないなどの工夫がされているので、安心してもチャレンジできるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です